ZEHについて

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などのエネルギーを創ることにより、年間の一次エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス『ゼロ』にする住宅を指します。

「弊社はZEH登録します」

■ZEHの周知・普及に向けた具体策
太陽や風などの自然エネルギーをコントロールしながら快適に過ごせる“パッシデザイン”を取り入れて家づくりをしております。設計の段階から太陽や風を考慮しプラン作成を進めるとともに、樹脂サッシや高断熱仕様を標準とし高性能な家づくりを実現しています。また、高効率の換気システムやエアコン、エコキュート等の設備を取り入れることで一次エネルギー量の削減にも寄与しています。その結果、省エネで快適な健康住宅となり、「家族の笑顔と幸せを守る」という弊社の理念にも直結してきます。更に、創エネである太陽光発電を搭載することで、正味、エネルギーを「0」にするZEHを実現できます。今後、ZEH仕様により「環境配慮型の健康住宅」としてホームページや住宅雑誌への掲載、また「住宅の完成見学会」や「家づくり勉強会」でも周知及び普及活動に努めていく考えです。そして、ZEH基準とそれ以外の住宅の違いをお伝えし、メリットを理解していただく機会を広げていきます。

■ZEHのコストダウンに向けた具体策
躯体の断熱性能を上げる、また高効率な設備機器を導入することが基本になりますが、単純に断熱材を厚くしたり、性能の高いエアコンやエコキュートを使用するだけではコストダウンにも限界があります。この部分に頼るのではなく、設計の段階で断熱性能を保持できるような間取りや外観を心掛け、方位、屋根の形状、開口部の配置を検討するとともに、太陽の光や太陽の熱、そして風を活用した設計を行うことで、光熱費を抑えることをご提案いたします。この設計により、太陽光パネルの配置も検討でき、効率の良い創エネルギーを実現することにより、費用を抑えることができます。また、夏の日射遮蔽や冬の日射取得を計画的に行うために、意匠設計の段階からしっかりと確認をすることにより、「パッシブデザイン」をより効果的に取り入れます。そうすることで、物質的及び機械的な仕様のコストダウンを図ることが可能となります。

■その他の取り組みなど
ZEHや省エネ基準にはありませんが、高性能住宅に必要不可欠である高気密化に努めます。 全棟で気密測定を行い、相当隙間面積C値1.0以下の住宅を提供します。C値を1以下にすることで、エアコンの効率を最大限に引き出し冷暖房エネルギー消費量を抑えます。また高気密にすることで換気システムが有効に働き、結露によるカビやダニの発生を抑え、「快適」で「健康的」な住宅を実現します。

『2020年にはZEH普及率50%を目指します』
ZEH目標公表資料

  1. ホーム
  2. ZEHについて
Menu