家づくりをはじめる前に

家づくりを考え始めた時に、まず知ってほしいことは性能。でも住宅の性能って何のこと?
それは、家が建った後の住環境に大きな影響を与えます。
当たり前ですが、夏暑く、冬寒い家は性能がいいとは言えません。
そう考えると、住宅の「断熱性」と「気密性」を高めることが非常に重要なポイントとなってきます。
家づくりを始める前に「性能」について学んでいきましょう。

【高断熱・高気密住宅の特徴とは?】
・省エネルギー性
・部屋間の温度差が少ない(※ヒートショックが起きにくい)
※ヒートショック…一般に寒冷や著しい温度差により大きな血圧変動が生じ、身体に大きな負担がかかった状態を指し、家庭内では、熱い湯に入る冬季の入浴中に起きやすい傾向にあります。
ヒートショックにより亡くなる人は交通事故の約4倍になります。
dannetu2.png


・結露やコールドドラフトが起きにくい
・カビやダニが発生しにくい、花粉・じん埃が侵入しにくい
・防音効果が高い

高断熱住宅とは…
・住宅の外部と接する部分(外壁・屋根・窓など)から熱が伝わらないように、
室内と室外をエネルギー的に区切ることを「断熱」といいます。
・隙間のない断熱工事によって熱エネルギーの行き来がなくなった状態が「高断熱」です。
・高断熱の住宅は、冷暖房効果が高いので、省エネルギー性能が高く環境への負荷も少ない住宅と言われております。

高断熱性能はUA値、Q値で確認してください!
ua1.png
q1.png

この数値以下の建物なら快適な高性能住宅といえるでしょう!

また、高性能住宅のメリットとして、健康状態の改善にもつながります。
戸建て住宅で現在の省エネルギー基準(平成11年基準)を満たす住宅に住み替えた居住者の各種疾病にかかっている人の割合が改善されたというデータもあります。
dannatu3.png

高気密住宅とは…
・住宅の隙間を減らすことで熱損失を少なくした冷暖房効率の良い住宅です。
・ちょうどよい量の新鮮空気を必要なところに届けるために必要なのが高気密性です。
・結露を解消するなど、生活環境の快適性と耐久性を高めた住宅です。

高気密性能はC値で確認してください。

kimitu1.png

最低でもC値1.0以下でお家を建てることを確認してください。

【住宅を建てるときは、UA値またはQ値とC値を必ず確認しましょう。】

家づくりの進め方などギモンがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  1. ホーム
  2. 家づくりをはじめる前に
Menu