家づくりの通信簿

性能を実際に確認するための『気密』について

高気密住宅とは?
・住宅のすき間を減らすことで熱損失が少なくなり冷暖房効率が向上し、エネルギー消費を軽減できます。
・ちょうどよい量の新鮮な空気が必要なところに届けることができます。
・結露を解消するなど、生活環境の快適性と耐力性を高めた住宅です。
高気密性能は『C値』で確認!
『C値』 (隙間相当面積)は気密性能を表す値で、ゼロに近いほどすき間が少なく気密性能が高いと言えます。 (1.0以下が必須)



施工中の「気密測定」は必須となります!!


パネットホームでは全棟気密測定を行い、『家づくりの通信簿』をチェックしています。

back.png
気密についてや家づくりに関するギモンなど詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

見て納得のイベント案内はこちら

  1. ホーム
  2. 家づくりの通信簿
Menu